読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chamiのインビザライン矯正日記

30歳過ぎてから矯正を行うことを決意しました。どのように経過していくか残していきたいと思います。

自己紹介

はじめまして。

30歳を過ぎてから、前々からしたかった矯正を始める決意をしました!

 

どんな過程を経て自分の歯が矯正されていくのかを備忘録で残したいと思います。

また、インビザラインは自己管理が大事(1日20時間以上装着)!と言われているので、ここに書くことで自分自身に注意喚起をしたいと思います。

 

そもそもなぜ矯正をしたいと思ったのか、というと、、、

1)口を無意識に閉じたときに、前歯がチョロリと顔を出すので、写真(履歴書とか免許証とかパスポートとか真面目なやつ)を取るときに歯を出さまいと不自然な表情になること。

2)前歯が斜めになっているので、唇の内側に歯の角が当たり、口内炎になりやすいこと。

3)昔に歯医者に行ったときに、歯並びが悪いから矯正も視野に入れた方が、将来的(おばあちゃんくらい?)にいいよと言われた。

4)歯が磨きづらい!時間がかかる!

などなど。

 

 なぜ今矯正をするのか?

元々口内炎が出来やすい体質な上、歯でも出来るとなると、1年のうちかなりの時間口内炎に悩まされているのに気がついた。

まぁ、あとはお年頃なので、そろそろ結婚するかもしれない、結婚したらお金をあまり自由に使えなくなるかもしれない!

という感じで今に至ります。

 

飽きやすい性格なので何処まで続けられるかというのもありますが、気の向くままに書いていきます!